燃料電池自動車、普通の自動車とどう違うの?燃料と特徴

燃料電池自動車と普通の自動車の決定的な違いは、燃料が水素だということです。普通の自動車はガソリンや軽油のような石油系の燃料を使いますが、この自動車は水素を燃料として車を動かす事が大きな特徴です。さらに、ガソリン自動車ではエンジンが動力源となりますが、この自動車の動力源はモーターです。水素を電池の内部で酸素と反応させて発電した電力をつかってモーターを回すことで車を動かします。つまり、電気自動車に積まれている大きな蓄電池の代わりに、発電の出来る電池を搭載しているので、充電するという必要がありません。車を動かす為の給油はガソリン自動車のようにガソリンを給油するのではなく水素をスタンドで入れる事になります。また、タンクもガソリンのような液体を貯める訳ではないので、高圧で水素ガスを蓄えるためのボンベが搭載されます。水素は地球上最も小さな分子です。そのため、普通のガスとは違った性質をもっています。例えば、LPGを使う場合はゴムホースが使われますが、水素はゴムホースを透過してしまいます。LPG自動車のような可燃性のガスを使った自動車との違いも、このような水素の性質の違いが考慮され、使われる部品の材質までもが変わってきます。

コメントは受け付けていません。