燃料電池自動車が動く理由と構造

地球環境の悪化が叫ばれる近年において、注目を集めているのが燃料電池自動車です。環境に優しい自動車として開発が進んでいるこの自動車は、水素と酸素の化学反応によって発電した電気エネルギーを使って走行する仕組みです。必要な水素の補給は水素ステーションで行います。燃料電池だけの走行も可能ですが、補助電源を併用して制動エネルギーを回収するハイブリッドシステムも検討されています。この自動車には5つの大きなメリットがあります。第1のメリットは有害な排出ガスが出ないことです。走行時に発生するのは水蒸気だけなので、空気を汚して環境を悪化させることはありません。第2のメリットはエネルギー効率が良いことです。ガソリン自動車のエネルギー効率と比較して、約2倍という非常に高いエネルギー効率を誇ります。第3のメリットは多様な燃料やエネルギーが利用できることです。天然ガスやエタノールなどの石油以外の燃料も利用でき、太陽光やバイオマスなどの再生可能なエネルギーから水素を製造することもできます。第4のメリットは騒音が少ないことで、都市全体の騒音対策にもなることです。第5のメリットはガソリン自動車と同程度の燃料充填時間と走行距離を実現できることです。

コメントは受け付けていません。