車の補助電源システムの基礎情報

環境問題が、地球規模のレベルでもって強い関心を持たれています。
車の運転も例外ではありません。
できるだけ環境負荷を少なくするために、いろんな工夫がなされています。
たとえば、排気ガス中に少し残っている燃料を取り込んで、燃料電池で発電するという発想です。
そして、排気ガスと燃料電池の熱そのものから電力を得るという考え方なのです。
自動車やオートバイでは、環境負荷を抑える意味からも、燃費向上が鋭く求められています。
ガソリン車であれば、エンジンを改良したり、あるいは車を軽量化することなどが、燃費向上のための主要な施策となっています。
最近では、エンジンの排ガスから電気エネルギーを取り出して、それを補助電源として利用するという手法が盛んになってきています。
自動車やオートバイでは、エンジンに専用の発電機を接続して、鉛蓄電池に充電し、照明など、車内のいろんな機器を稼働させています。
見方を変えますと、ガソリンが発電のためにムダになっていて、その分だけ、意味もなく燃費が落ちているのです。
排ガス発電システムは、このオルタネーターの代わりに大いに役立っています。
また、排ガス中のわずかの燃料から電力を取り出すために、燃料電池が使われています。

コメントは受け付けていません。