高圧ガス容器と車の関係性

燃料電池自動車は水素ガスを電池構造をしている燃料電池に送り込んで発電を行っています。そして、発電された電力でモーターを回す事で走行することができます。化学的には水素を燃やしていることになりますが、燃やした熱でタービンを動かして発電しているわけではありません。水素と酸素が結びつく時に発生するエネルギーを直接電気エネルギーに変換する事で、熱として使われずに外に排出されてしまうというエネルギーロスが無くなります。この原理を利用して発電しながら走行するのが燃料電池自動車です。LPG車と同様に水素ガスという気体がエネルギー源となるために、高圧ガス容器を燃料タンクとして搭載する必要があります。しかし、LPGと水素ガスは同じ気体でも性質が全然異なります。例えばLPGはプラスチックやゴムを透過することが出来ませんが、水素ガスは透過してしまいます。また、LPGは空気より重い気体ですから底の方に溜まりやすい性質がありますが、水素ガスは空気より軽いため、上に溜まりやすくなります。このような性質の違いからLPGガスと同じものをガス容器として使う事ができません。専用に作られているガス容器が必要となり、安全対策も別々の方法がとられています。

コメントは受け付けていません。