交通事故と事故の悲惨さについて

誰しも、自動車やバイクを運転しているときだけでなく、自転車に乗っているときや歩行者として外出しているテクスチャー08ときでも、常に交通事故に遭遇する危険にさらされています。
そのため、交通ルールやマナーを守ることの大切さを訴える内容の安全キャンペーンが、自治体や学校などでも行われ、メディアでも繰りかえし訴えられてきました。
ある日突然命を奪われる、大きな怪我や障害を負うことになる悲惨さは言うまでもありません。
ところが、悲惨な事故の報道や、実際の事故現場を見たりしたことがあっても、自分のこととして実感することは難しく、その油断が事故につながるという現状があります。
具体的には、自動車のドライバーによる、ほんの一瞬の前方不注意や見切り発車、巻き込み事故などです。
歩行者や自転車による、思わぬ飛び出しや信号無視なども大きな事故につながります。
こうした事故につながる行為の中でも、昨今報道が目に付くのが、飲酒運転や薬物の使用が原因の危険運転によるものです。
飲酒による泥酔や薬物を使用している状態は、正常な判断ができなくなっているため、ドライバー本人が運転ができると感じても、実際は危険な運転や重大な見落としによって、悲惨な事故につながります。
また、こうしたドライバーが運転しようとしているのを知りながら、制止しなかったり、酒を提供したりした者は、事故を起こした責任を負うことになるため、注意が必要です。