燃料電池自動車が画期的である理由とは?

雲01 燃料電池自動車が画期的な分けとして、ガソリン車に比べて有害な排ガスが出ない一方で電気自動車に比べて実用性が高く、またエネルギー効率が非常に高いため省エネに役立つということが上げられます。
そもそも燃料電池というのは言ってしまえば水の電気分解の逆を行う物で、水素と酸素を電解質を送る事で水と電気を発生させます。そして、その電気を利用して電気自動車と同じようにモーターを回すという仕組みです。
その為、ガソリン自動車の排ガスに当たる物は水しか出てこないため非常に環境に配慮した車になっているのです。
雲02 排ガスを出さないという点では電気自動車も同じなのですが、電気自動車には「充電に時間がかかる」「バッテリーの劣化が避けられない」という大きな弱点がありました。そこでその部分内部の燃料電池で発電する事でバッテリー自体の劣化を防ぐのと同時に、ガソリンと同じように水素を内部に注入する事で発電する事で電気自動車の弱点を克服した車なのです。
ただし、デメリットとして電気自動車では可能だった「自宅での充電」が不可能になるという面が存在しており、ガソリン車のガソリンスタンドにあたる水素ステーションが広まらない限り需要の拡大は難しいと考えられており、いかにして水素ステーションを増やすかが急務となっています。